綺麗な顔のラインを実現

看護師

切らずに施術もできる

昔から顔の小さい人、とりわけ女性は美人が多いと言われおり、国籍や年齢を問わず小顔に憧れる人は少なくありません。現代では小顔矯正施術を美容クリニックなどで受けることで小顔になれるため、比較的人気の高い美容医療の1つです。基礎知識として知っておきたいのが施術の種類についてです。大きく分けて小顔矯正にはメスを使った切る施術と、注射などを使う切らない施術があります。例えばエラが目立たない小顔を希望した場合、下顎角骨切り術と呼ばれるエラを直接削る術式と、ボトックスやヒアルロン酸を注入することでフェイスラインを整える術式などがあります。効果の持続期間や費用なども異なり、注入治療は費用が安めですが持続期間が限られているといった特徴があります。また小顔は矯正できる部位も多いため、施術できる箇所を知っておくことも有益です。先述のエラ削り以外にも頬骨を削って矯正したり、下顎のVラインをスリムしたりといったことも可能です。どの部位を矯正するかで顔の印象も変わってくるので、医師と相談して慎重に施術部位を決めることが求められます。近年はコンピュータを使ったCGで施術後の仕上がり予想を患者に伝えるサービスも広まっています。仕上がりが分かりやすくなった上に、簡易な術式が広まったこともあって手軽なプチ整形の1つとして人々に認知されつつあります。主に美容面での向上を目的として施術を受ける人が多いのが小顔矯正です。顔が小さいと相対的に体が大きく見えるため、スレンダーな印象を見る人に与えます。このためスタイルが重視されるモデルといった職業の人はもちろん、美に関心を持つ一般の人も施術を受けています。小顔矯正は美容面だけでなく、コンプレックスの解消を目的として施術を希望する人も少なくありません。アゴ先が長い、エラが張っているといった理由から自分の顔のラインに悩みを抱えている人が、その解消のために施術を望むケースです。同様にむくみ顔体質の人にも、小顔矯正は効果的なため需要があります。また加齢を重ねた人が施術を希望するケースも見られます。理由として、年齢を重ねると筋肉が衰えて肌が弛むため脂肪がつきやすくなります。そのため顔全体が脂肪によって実際に大きくなり、審美的な面での悩みの他にも肩こりやむくみなどの身体的な不調を併発することもあるためです。最後に1つ小顔矯正の利用目的として見逃せないのが、シワやたるみの改善効果です。この施術は顔の表面積が小さくなるため、必然的に肌が引き締まりシワなどの悩みも解消できる副次的効果が期待できます。さらに小顔矯正は毎日のメイクが楽になるというメリットもあります。

Copyright© 2018 小顔矯正ならボトックス注射が大正解【顔の筋肉が張り詰めている】 All Rights Reserved.