やり方を知っておく

看護師

最善の方法の選び方

美容整形外科ではさまざまな小顔矯正をしてもらえるのですが、実際に手術を受ける前にどのようなやり方があるのかを知っておきましょう。そうすると戸惑うことが少なくてすみますし、医師に質問もしやすくなるからです。まず美容整形外科で小顔の矯正をお願いすると、顎の骨を削る手術を勧められることが多いです。特に面長の人の場合、顎が長いことが多く、余分な箇所を取り除いてしまうというものです。ただし顎の形状によっては、中抜きと呼ばれるやり方もあって、先端の尖った部分を残し、唇に近い方の骨を削って引っ付けます。すると顔全体の長さが縮まる上に、顎がシャープになりますから小顔になるのです。それ以外にも顎の幅がある人だと、縦に割ってから削り、再び元に戻すなどの手術も行われます。さらに上顎や下顎が前に出ているのも顔が大きく見える原因になるため、後ろに下げることが可能です。人によっては顔がホームベース型になっている場合があります。このような時は張っているエラを薄く削ることで解消できるケースがほとんどです。反対におでこが凹んでいる、頬骨が突起していないため、顔全体が歪な形なって小顔に見えない人も意外と多いです。もしそうなら美容整形用のセメントや特殊な液体を入れて形を整える手術もできます。ある程度の予備知識が頭に入ったら、いくつかの美容整形外科に通って話を聞いてみるのが良い方法です。実は同じ小顔矯正をするのだとしても、医師によってはやり方が違う場合があるからです。例えば顎を削る際にも、皮膚を切って行うこともあれば、口の中を切開して手術をする場合にわかれるのです。当然後者の方が傷口は目立たなくてすみますが、前者よりも技術的に難しくなります。そのため小顔矯正にかかる費用が変わってくるので、細かく説明を聞いておきたいものです。それから他にも医師に聞いておかなければいけないのがアフターケアについてで、これによって術後の痛みを軽減できるのかが変わってきます。腫れを防ぐための薬や、痛み止めがもらえる美容整形外科を探すのが無難です。加えて一時的にでも小顔になりたいなら、ボトックス注射ができるのかどうかを尋ねておくと良いです。これは筋肉の収縮力を弱められるので、エラなどに打つと顎のあたりが引き締まって見えます。しかし初めての場合は三ヶ月ほどで効果がなくなってしまいます。こまめに打つことで持続期間が長くなりますが、それでも永久に続くわけではないのです。そこで顎を削るタイプの手術にするか、ボトックスが良いのかを、医師と相談して最善の方法を探しましょう。

Copyright© 2018 小顔矯正ならボトックス注射が大正解【顔の筋肉が張り詰めている】 All Rights Reserved.